<スポンサードリンク>

  

Posted by at

2011年03月20日

コーヒーやコーヒー豆の種類

コーヒーやコーヒー豆の種類についてまとめてみました。
コーヒー豆の原産地はエチオピアで、現在では世界60カ国以上で生産されるようになりました。
コーヒー豆は、豆ではなく実はコーヒーの木の果実で、赤い実はコーヒー・チェリーと呼ばれて言います。
現在、コーヒー豆の種類は約100種ありますが、これまで品種改良を繰り返してこれだけの種類のコーヒー豆が出来上がりました。
アレンジコーヒーの種類はたくさんありますが、カフェオレ・カフェラテ・カプチーノなどは、どのコーヒーショップや喫茶店のメニューにも並んでいることが多くなりました。
このアレンジコーヒーは、どれもミルクと混ぜ合わせて作るコーヒーです。
コーヒーの栽培は主に熱帯・亜熱帯地方の高山や高原地帯で、平均気温が20度前後の過ごしやすい地域になっています。
その生産地によって形・香り・味が違っています。
その他にも様々な味と香りの種類がありますが、それぞれ微妙に違いがあるので、自分の好みのコーヒー豆を見つけてみるのも楽しいのではないでしょうか。

・・・・  


Posted by rossogenroq at 05:55コーヒー

2011年03月20日

コーヒー豆の種類

コーヒー豆の種類で代表的なのが、モカ・キリマンジャロ・ブルーマウンテン・エメラルドマウンテン・ハワイコナなどです。
この種類は1度は聞いたことのある名前ではないでしょうか。

またコーヒーの種類でアレンジコーヒーとして有名なところですとカフェラテはイタリア語で「コーヒー・ミルク」と言う意味で、
カフェオレは同じ意味のフランス語です。冷たい生クリームをコーヒーに浮かべたウインナコーヒーは、スイーツ感覚のコーヒーと言えます。

これ買ってみました。オススメです。クリックすると画像が大きくなります。


同じコーヒーとミルクの組み合わせですが、カフェラテはコーヒーでもエスプレッソを使います。
コーヒーの種類でカプチーノは、エスプレッソコーヒーにスチームミルク(蒸気で温めたミルク)を加えたアレンジコーヒーですが、
アメリカではこのアレンジコーヒーをカフェラテと呼んでいるようです。
元のコーヒー豆の原種を大きく分けると3つに分かれます。
「アラビカ種」「ロブスタ種」「リベリカ種」の3つですが、これを三大原種と呼んでいて、それぞれ原産地や性質が違っています。


・・・・  


Posted by rossogenroq at 05:48コーヒー

2011年03月20日

コーヒー豆の代表的な種類

コーヒー豆の代表的な種類 それぞれの特徴

・モカ・・・・・・・・まろやかな酸味の利いたコクのある味で、日本では人気のある種類です。
・キリマンジャロ・・・強い酸味が特徴で、この酸味と苦味がバランスよく口の中で広がるところが人気です。
・ブルーマウンテン・・コーヒーの中でも最高級とされていて、酸味・コク・苦味が完璧なバランスになっています。
コーヒーは、銘柄によって味が違うのはもちろんですが、ブレンドの仕方や焙煎の度合いによっても味に違いが出てきます。
またコーヒーの種類で、挽き具合や淹れ方でも違ってくるので、自分の好みに合う豆を選ぶには、お店の人に聞いてみることが良い方法でしょう。
1番大切なことは、コーヒー豆は新鮮なものを購入することです。

コーヒーの種類で最近はカクテルコーヒーの種類も増えてきていますが、中でもよく聞くのはアイリッシュコーヒーです。
名前の通り北欧のアイルランドが発祥の地で、ウィスキーをベースにコーヒーと砂糖、生クリームの入ったホットカクテルです。


・・・・  


Posted by rossogenroq at 05:44コーヒー