<スポンサードリンク>

2011年03月20日

コーヒーやコーヒー豆の種類

コーヒーやコーヒー豆の種類についてまとめてみました。
コーヒー豆の原産地はエチオピアで、現在では世界60カ国以上で生産されるようになりました。
コーヒー豆は、豆ではなく実はコーヒーの木の果実で、赤い実はコーヒー・チェリーと呼ばれて言います。
現在、コーヒー豆の種類は約100種ありますが、これまで品種改良を繰り返してこれだけの種類のコーヒー豆が出来上がりました。
アレンジコーヒーの種類はたくさんありますが、カフェオレ・カフェラテ・カプチーノなどは、どのコーヒーショップや喫茶店のメニューにも並んでいることが多くなりました。
このアレンジコーヒーは、どれもミルクと混ぜ合わせて作るコーヒーです。
コーヒーの栽培は主に熱帯・亜熱帯地方の高山や高原地帯で、平均気温が20度前後の過ごしやすい地域になっています。
その生産地によって形・香り・味が違っています。
その他にも様々な味と香りの種類がありますが、それぞれ微妙に違いがあるので、自分の好みのコーヒー豆を見つけてみるのも楽しいのではないでしょうか。

・・・・





<スポンサードリンク>

同じカテゴリー(コーヒー)の記事
 コーヒー豆の種類 (2011-03-20 05:48)
 コーヒー豆の代表的な種類 (2011-03-20 05:44)

Posted by rossogenroq at 05:55 │コーヒー